優駿牝馬(第69回オークス)週中考察vol.1 レジネッタの取捨選択

今週は優駿牝馬(第69回オークス)、来週は東京優駿(第75回日本ダービー)とクラシックも佳境を迎えます。

その優駿牝馬の週中考察の1回目ですが、まずは桜花賞馬レジネッタについて。

過去の桜花賞1着馬のオークスでの成績は以下のとおり
(01年の現行馬齢表記変更後のみ)
01年 テイエムオーシャン 3着
03年 スティルインラブ 1着
04年 ダンスインザムード 3着同枠
06年 キストゥヘヴン 着外

出走するのが平均して2年に1回と意外に少なく、成績もパッとせず。

勝ったのがスティルインラブのみだが、この年の桜花賞とオークスは両方とも出走取消があった珍しい年だった。

今年の桜花賞もご存知のようにポルトフィーノが取り消した。
オークスでもそういったことがない限り厳しいかも。

ちなみに、レジネッタにはさらに厳しい試練が待っている。

優駿牝馬1着馬のTR成績、別定戦加算歴(01年以降)
01年 レディパルテル   : フローラS2着、別定未経験
02年 スマイルトゥモロー : 桜花賞6着、フラワーC1着
03年 スティルインラブ   : 桜花賞1着、紅梅S1着
04年 ダイワエルシエーロ : 桜花賞7着、クイーンC1着
05年 シーザリオ      : 桜花賞2着、フラワーC1着
06年 カワカミプリンセス  : スイートピーS1着、別定未経験
07年 ローブデコルテ   : 桜花賞4着、紅梅S1着


別定重量戦に出走したが負けたレジネッタ。
そういった馬がオークス馬の戴冠に輝いたことは01年以降はない。

こうなると、よほどの助けがないと厳しいと考えざるを得ないだろう。

レース振りを見ても、桜花賞で鬼脚(?)を使った馬がオークスで巻き返すのは差し届かなかった馬、というイメージもある。

これもマイナス材料。
プラスの材料が今の所はないこの馬。
現状はよくて「3着まで」と見ています。

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0