オリックスのコリンズ監督辞任へ

電撃辞任とはこのことか……

オリックスは21日、阪神2回戦が行われたスカイマークで試合終了後、テリー・コリンズ監督(58)の辞任を発表した。

米大リーグ、アストロズなどで通算444勝を挙げたコリンズ監督は、チームの再建を託されて2006年秋に就任した。しかし、昨季は4月下旬から10連敗を喫するなどして低迷し、62勝77敗5分けの成績で、3年ぶりの最下位に沈んだ。

巻き返しを図った今季は、カブレラ内野手や浜中治外野手を獲得。大幅な戦力補強をして臨んだが、開幕前に投手陣に故障者が続出するなど誤算が続き、この日も敗れて21勝28敗と浮上のきっかけをつかめないでいた。
(日刊スポーツより)

監督だけの責任ではなく、フロントにも問題あり。
一昨年に谷(→読売)、中村紀(→中日)を放出し移籍先で活躍される始末。
昨オフも平野(→阪神)、大西(→横浜)と放出し、それぞれ新天地でレギュラーを掴んだ状態。

それに代わって来たのが賞味期限切れともいわれるカブレラ、浜中、古木……、一昔前の「全員四番」という読売野球のパ・リーグ版でもやりたかったのだろうか?

バファローズというネーミングもあって、大阪近鉄の「いてまえ打線」でも作りたかったのだろうか?

投手陣を軸に故障者の続出もありましたが、それよりもフロントの補強策はもっと問題。

方針を180度変えない限り、仰木監督時代の成績を取り戻すことはないでしょう。

監督代行として指揮を執る大石ヘッドコーチも大変でしょうね……。



ところで、シルク、どうするんだ(爆)?

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0