中日・石井⇔横浜・小池のトレード成立

今朝の中日スポーツに「横浜・小池獲得へ」とあったので、誰がトレードされるのか?と思ってましたが、石井でしたか……。

 横浜・小池正晃外野手(28)と、中日・石井裕也投手(26)の交換トレードが成立したことが15日、分かった。投手陣の崩壊が原因でセ・リーグの最下位に沈む横浜と、今季、得点力不足に悩むうえ、レギュラー外野手が故障で相次いで離脱している中日との思惑が合致した。16日にも両球団から発表される。

 11日に巨人から真田を交換トレードで獲得したばかりの横浜が、再び動いた。現在、チーム防御率は12球団最低の4・77。特に先発は4日にはエースの三浦が右肩の張りを訴えて登録抹消。先発の寺原が抑えに回ってさらに手薄となり、那須野の4勝が先発の“勝ち頭”という惨状。今季はここまで1軍登板がないものの、先発も中継ぎもこなせる本格派左腕の石井は魅力的な存在だった。しかも、地元・横浜市出身という縁もある。

 一方の中日は今季、打力アップを目指して西武からFAで和田を獲得した。しかしここまで、チーム打率はリーグ最低の2割5分3厘にとどまり、2位ながら首位・阪神と7・5ゲーム差。さらに5月15日に森野が左ふくらはぎ痛、今月10日には李も右手首痛で出場選手登録を抹消された。強打の外野手の補強が急務で、小池をターゲットとした。こちらも今季の1軍出場はないが、2005年には20本塁打を放ち実績は十分。阪神追走の起爆剤に期待する。
(スポーツ報知より)

小池を獲得となると、森野が戻ってくるまでの外野要員、戻ってきてからは右の代打一番手となる役割をになうでしょうね。
ドラゴンズはスタメン以外の右打者はほぼ守備か代走要因ですから……。

ただ、両チームとも根本的なチームの構成(編成)意図がよくわかりません。

あれだけ外野がいるのに小関を獲得した横浜、守りを重視するのはいいが、打てる野手を取らない育てないドラゴンズ……。

英智(藤井)がもっと打てれば何等問題は無いんでしょうが、それなら堂上兄弟や新井、平田をもう少し使ってみてもいいんじゃないか?なんて思ってしまいます。
(外野となると堂上兄か平田。右打者となると平田しかいませんが……)

ただ、石井、小池両選手とも今年一軍登録が無く、相手チームに請われて行くんですから、新天地でも活躍して欲しいですね。
(石井のドラゴンズ戦好投だけはご勘弁願いたいが……)

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ