プロ野球、新コミッショナーに望むこと

7月1日からプロ野球の新コミッショナーに加藤良三氏が就任することになりました。

プロ野球のオーナー会議が18日、都内のホテルで開かれ、加藤良三前駐米大使(66)の第12代コミッショナー就任が正式に決まった。任期は7月1日から3年。子供のころから大の野球ファンで大リーグ通としても知られる加藤氏は「日本の野球を元気にしたい。日本の野球を勝者にしたい」と話し、国際化が進む日本の野球界の発展に全力を注ぐ決意を示した。なお、2004年2月にコミッショナーに就任、07年から代行を務めた根来泰周氏(75)は30日で退任する。
(スポーツ報知より)
やっと「ナベツネの傀儡」根来政権が終わるんですね。

新コミッショナーに望むことは1つ。
12球団が「平等に」発展する権利を作って欲しい。
「ファンあってのプロ野球」を理解したうえで行動していただければいいかと。

一部の球団寄りの言動を見せた前の(現在の)コミッショナーよりまともになってくれれば、それでいいです。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ