安田記念週中考察vol.3 58Kとアジアマイルチャレンジ

安田記念の考察3回目は結論から書くと矛盾する(?)2つのことを。

1着賞金が1億円となり、アジアマイルチャレンジが4レース制となった06年以降は2つのことを連対馬に求めている。

1つは、「58K連対歴」。

安田記念の負担重量は「3歳54K、4歳上58K、牝2K減」。
高松宮記念、ヴィクトリアマイルよりも1K重く、天皇賞春、宝塚記念と同じ重量を古馬は背負う。

3歳53K、4歳上57Kでもいいと思うが、あえて1Kずつ重くしている。

これを表しているのがこの2年間の連対馬。

58K連対歴(過去1年)
06年 1着ブリッシュラック  国際マイルTR(香港G2)
    2着アサクサデンエン 安田記念
07年 1着ダイワメジャー   天皇賞秋
    2着コンゴウリキシオー マイラーズC

過去1年間に58K(牝56K)で加算歴のない馬は皆無で、58Kでの賞金加算歴が必要かと思わせる結果。
今年の該当馬は、エイシンドーバー、コンゴウリキシオー、スーパーホーネットのわずか3頭。

そしてもう1つが「アジアマイルチャレンジ」最終戦ということもあるのだろうが、前述した連対馬4頭はすべて直前の連対レースがすべてマイル戦。

今年の該当馬はアルマダ、ウオッカ、グッドババ、ドラゴンウェルズ、ニシノマナムスメの5頭。

ただ、両方を併せ持つ馬となると、カンパニーが眼科へ行ってしまったことで皆無。

さて、どっちを残しどっちを消すか……ということまで書きたいところですが、仕事で空気の読めない身勝手な連中に振り回されてイラつかされたあげく、草野球みたいな外野守備で崩壊したドラゴンズを見て、疲れてしまいましたので、勝手ながらここまでにします。

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0