テーマ:旅行

小倉&唐津遠征記vol.9 門司港レトロ

小倉からJRで15分弱。 向かったのは門司港。 昔ながらの建物と新しい建物が混ざり合い、「門司港レトロ」として現在は観光地となっています。 しかし、今回現地に着いたのは5時過ぎで、めぼしいところはほとんどが終了していましたが、3年前に来たときにほとんど見てますのでこれは問題なし。 門司港レトロの入り口となるJR門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.8 小倉は競馬よりも競輪?

小倉の最終レースが終わった。 メインも最終もまるで明後日の結果。 馬券は3連複まで的中するか、全く出番無しか、という両極端の結果だった。 金額的には負けですが、京都が中止だったこともあり、思ったよりも負け額は少なかったし、一応2つは取ったので、「惨敗……」というイメージはない。 そんな競馬場をあとにして、再度モノレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.7 誘導馬メイショウカイドウ

10Rのパドック。 どのレースでもそうですが、本場馬へ出る前に前後に誘導馬がつきます。 3頭いたはずでしたが、うち2頭はタマモゴーアヘッドとダブルハピネス。ともに聞いたことがある馬名です。 が、出走馬の最後尾側を担当する馬のゼッケンをみてびっくりした。 メイショウカイドウ。 現役時代は小倉大賞典、北九州記念、小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.6 小倉大賞典パドック

9Rの前までにパドックの場所確認と試し撮り。 馬券をメインまでまとめて購入して10Rのパドックで場所取り。 曇りのため逆光などは気にしなくていい。 しかし、全体的に暗く写ってしまうことが心配。 さて、今回ですが、写真はスタンド側ではなくて、さまざまな角度にできそうなトータボード(掲示板)側に。 わかりやすくいう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.5 小倉競馬場パドック

一通りスタンドや馬場を見回り、食事を済ませた後はパドックへ。 スタンドとはガラス戸1枚で仕切られているだけで、無駄に歩くことはありません。 スタンド側は屋根付、トータボード(馬体重などが出ている掲示板)側は吹きさらし。 上下の段差はありますが、ほぼ360度から見ることができますが、カーブの部分は少し狭い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.4 小倉競馬場場内

小倉競馬場も阪神競馬場と同じく駅から直結。 雨に濡れることなく行ける。 同じ関西ローカル圏の中京を左右逆にした感覚があるので、比較しながら書いていきます。 モノレール2階側から入るとこんな感じでしゃれた雰囲気。 そして、外にはなぜか日本庭園。 スタンドを外側から撮ってみましたが、丸みを帯びた外観で一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.3 小倉競馬場到着

関門トンネルを越えて小倉に到着しましたが、雪はなく曇っています。 新幹線を降りたあとは、モノレールに乗って約12分で「競馬場前」まで。 ここから目と鼻の先にあるのが小倉競馬場。 100円を払って中に入りますが、入り口には「京都中止」の文字がでかでかと……。 新幹線から見たときにちらついていた雪が本降りになったよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.2 外は雪、そしてヒマなので白富士Sなどの予想を

3時間も新幹線に乗るのは前回の小倉遠征以来となるから、3年ぶり。 さすがにヒマになってきました。 名古屋を満席で発車した新幹線ですが、今回は通路側の席。 外をぼんやりと眺めていたいときもありますが、新大阪から西はトンネルばかりで外を見たくても見れませんし、通路側は隣を気にせず動けるメリットもありますので、今回ばかりはプラス。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.1 再度N700で西へ、そして車内は賑やかに

今日から遠征。 目的地は当初は東京を予定していましたが九州へ。 1日目は小倉競馬&門司港、2日目は強行ですが唐津まで足を伸ばす予定です。 移動手段は往復とも新幹線。 乗ったのは西へ向かう定番、のぞみ5号。再度のN700系です。 この車は全車禁煙車ですが、しかし、4箇所に喫煙コーナーがあります。 1箇所に3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅は「出る前」が最も楽しい?

今日まで3連休という方も多かったと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。 かくいう自分もそうでしたが、今回は前に書いたように何もなし。 やるだけのことをやった後はDVDを見て、のんびり過ごしました。 ----- その連休中で1つやるべきこととしてあったのが、来月の3連休で行く福岡遠征の手配。 新幹線往復と宿泊が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記番外編3 看板に出る地元色?

普段はあまり気にしない防犯スローガンの入った看板。 先日、京都へ旅してましたが、そのときの写真を整理していて出てきた1枚。 宿泊した大阪府内某所で撮った物ですが、看板まで関西弁かいな…… ---------- こちらにも参加中→→→→→  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.17(終) お土産と帰り道

清水坂を降りた後、祇園を歩いてから京都駅へ。 ストレス発散となったかどうかはわからないが、綺麗な紅葉をたくさん見て、ちょっとはいい気分になれた京都遠征も終わりです。 その京都駅では「土産物購入」という最後のノルマが。 とはいえ、京都で買うものは我が家では定番となった3品。 しかも、メーカー、サイズまで指定のため、何も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.16 「焼おたべ」と抹茶ソフトクリーム

「京都へ行ってきました」といっても、食べたものはごく普通。 湯豆腐や湯葉なんて食べてません。 強いてあげれば、最後に食べた九条ネギのお好み焼き(ねぎ焼き)くらい。 ねぎ焼きにコンニャクって合うんだな……なんて思いましたが、そんなのはどうでもいいですね。 ----- さて、本題です。 途中で書きそびれましたが、南禅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.15 清水寺の紅葉

入るまでに人波にもまれ、後悔した清水寺。 中もやはり、人の群れ。 「清水の舞台」の最前列は写真撮影している人の群れですが、もちろん、自分も1枚撮ってみました。 「清水の舞台」も人だらけ。 ちなみに帰り道の下り坂のほうが綺麗な紅葉が見えました。 三重塔を下から1枚。 普通なら綺麗と思うの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.14 人波に揉まれて向かう清水寺

高台寺を出た後は二年坂、産寧坂、清水坂と坂道を登って清水寺へ向かった。 両脇にさまざまな土産物屋などが並び、いかにも観光地といった雰囲気。 午後に入ったこともあり、人は増えてきた。 高台寺のときにうっすらとは感じていたが、南へ歩を進めれば進めるほど人は増える一方。 そして清水坂ではついにこんな状態になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.13 高台寺の紅葉

東山から南に下り知恩院を横目に「ねねの寺」高台寺へ来ました。 午前中は運良く遭遇しなかった人の群れについに遭遇。 といっても、まだ列は短く、5分も待てば入れた。 昔、春にきたことがありますが、また違いますね。 庭園を1枚。 最後は竹林の中を通ります。 さて、まだ時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.12 南禅寺天授庵の紅葉(昼間版)

南禅寺の南にある塔頭、天授庵。 ライトアップされた紅葉を前夜みましたが、今回は昼間。 去年来て、「最高!」と思ったのがここなんです。 拝観料400円を払って中へ。 昼間拝観は外を回る格好になりますので、中から見ることは出来ません。 入って左手に進むと見えてくる、本堂前庭。 その後は書院南庭へ向かい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.11 南禅寺の紅葉

臨済宗南禅寺派の大本山、南禅寺へ去年に続いてやってきました。 入り口の勅使門から高さ22mの三門、法堂、方丈庭園が一直線に並ぶ形となっています。 多くの寺社が拝観料を取る中、ここは境内を歩くだけならタダ。 (方丈庭園や三門は別途有料です) これもあってか(?)賑わっていました。 ちなみに、入り口の民間駐車場の駐車料金は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.10 永観堂の紅葉(昼間版)

真如堂を出たあとは、本来の最初の目的地としていた永観堂へ。 特別寺宝展が開かれている時期(11月~12月第1日曜)ということで、拝観料はなんと1000円(高っ!)。 しかし、「もみじの永観堂」とも言われるくらい綺麗な紅葉が見れるらしいので、今年はいかなる条件でも行くと決めていたのだが、思ったよりも空いていてちょっと拍子抜け。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.9 真如堂の紅葉

真如堂前でバスを降り、坂道を登って着いたのが天台宗の古刹、真如堂(真正極楽寺)。 紅葉の名所といわれ、プロも注目する所といわれています。 ここでの紅葉の写真といえば、やはり三重塔が絡むもの。 紅葉はいい色づき。銀杏がもう少し綺麗に色づいているともっとよかったのですが、そこまで贅沢はいえませんね。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.8 朝から混雑……

京都遠征記の2日目(11/24)。 前日は大阪府内某所に宿泊し、12時間前にいた三条へ逆戻り。 3連休の中日。 朝は冷えてましたが(この日の京都の最低気温は2度)、晴れて昼間は暖かくなりそう。 こうなると誰もが考える「もみじがり」。 9時を過ぎると京都駅前などは観光客などで混雑しますので、その前に行ってしまおう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.7 南禅寺天授庵、紅葉ライトアップ

永観堂を出た後は同じく紅葉のライトアップをしている南禅寺天授庵へ向かう。 歩いて10分もかからないうちについたが、既に長めの列ができている。 今回はさすがに覚悟して並ぶことに。 夜になり、あたりは街灯すらない真っ暗闇。 おまけに冷えて来たこともあり、途中からは寒さも感じながら待つことに。 足が冷えてきたのを久々に感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.6 永観堂の紅葉ライトアップ

淀から乗った京阪電車を途中で乗り換え三条へ。 ここで京阪から地下鉄に乗り換えて蹴上へ。 蹴上で時計を見たら16時40分。 日没が近づく時間ですが、人の流れに逆行して向かったのは永観堂。 今回は永観堂と南禅寺天授庵の紅葉ライトアップを見るのがメインイベントの1つ。 さて、その永観堂。 雑誌で「ライトアップは混雑必至…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.5 京阪杯観戦記

馬券の調子は上がらぬまま、メインレースが近づいてくる。 9Rの京都2歳Sでようやく2つ目の的中だったが、本命戦でもあり、負けはまだまだ。 その京都2歳Sを勝ったアルカザン。 一本被りの人気となったが2着のダノンイサオ。 東京の10Rをケンして、京都の10R。 勝ったレキシントンシチーから買ったものの、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.4 京都競馬場パドック&本馬場

4Rの前にパドック、本馬場と出て見ました。 パドックは京都名物の円形型。 大型スクリーンはカラー化されてました。 本馬場から見たスタンド(グランドスワン(ゴール寄り)) 入場門側から見たスタンド(ビッグスワン(4角寄り)) デカデカと武豊の3000勝を祝う看板が出てましたし(チラッと上で見えます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.3 京都競馬場A指定席

東福寺を出たあとは京阪に乗り、淀へ。 今回のトリプルメインイベントの1つ、京都競馬場にきました。 空いていたので、今回は奮発して6階A指定席(喫煙席)を確保。 値段は3000円(入場料込)。 これが高いか安いかはこの日のメイン京阪杯が終わったときにわかることです。(笑) 席のプレートを貰い、ハンドスタンプを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.2 東福寺の紅葉

京都からはJRに乗り換えて、最初の目的地「東福寺」へ。 しかし、いきなりすし詰めの大混雑。 先が思いやられます。 駅を降り、10分くらい歩いて臥雲橋へ。 ここをわたっていくのですが、早くも行列…… ここから並ばされると先が思いやられますが、単に写真を撮る人で流れが悪くなっていただけ。 臥雲橋は紅葉と通天橋をセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都遠征記vol.1 N700で西へ向かう

3連休の前半2日間で京都へ行ってきました。 今回の目的は3つ。 ・ 京都競馬場 ・ 夜の紅葉(ライトアップ) ・ 昼の紅葉 今回の出発はあえて狙ったN700系の新幹線。 今回は12号車。 行き先表示がLEDになってますね。 車内照明の色が、少しクリームっぽくなったような気がします。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貴船S予想&京都遠征番外編2

淀での馬券戦争は惨敗に終わりました。 奮発してA指定席をとって、この結果。 明日よほどのことがない限り、帰りは新幹線ではなく快速電車になりそうです。 ちなみに、土曜の馬券。 JCダートは以前に予想を出してますから、今回は京都メイン、貴船Sを。 ◎ウォーターオーレ (番外編) 遠征に出るとホテルでは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴門への旅、阪神競馬遠征記番外編 「好きなことこそ」というけれど……

一昨日のこと。 所用があり、久々に地下鉄に乗りました。 ナゴヤドームに向かうドラゴンズの応援グッズを身にまとった人たちを見て、今回の遠征記で書いてなかったことを1つ思い出したのでここで。 大阪へ向かうために乗った行きの新幹線。 車内で浦和レッズのレプリカを着ている人を見た。 Jリーグにはほとんど関心はないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more