テーマ:旅行

京都の旅 お土産編 祇園辻利「つじりの里」

京都土産として、最近は必ず買うのがこちら。 祇園辻利の「つじりの里」。 「茶寮 都路里」と書くとお分かりになる方も多いでしょう。 ここが出している抹茶のお菓子です。 ロール状に巻いた薄いお煎餅の中に抹茶クリームが入っています。 ただそれだけのいたってシンプルなつくりですが、中身もしっかり入ってますし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅 番外編vol.4 チェルシー「宇治抹茶ミルク」

「あなたにも チェルシー あげたい♪」なんてCMを昔見た記憶があるチェルシー。 ヨーグルト味が大好きで、はまったこともありました。 ポッキーやハイチュウなどは地域限定品を数多く見てきましたが、お茶を買いに立ち寄ったコンビニでチェルシーの関西限定品「宇治抹茶ミルク」があったので買ってみることにしました。 お茶の味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅 番外編vol.2 まつばや「銀閣寺シュー」

銀閣寺を出てすぐのところにある店で「銀閣寺シュー」たるものを食べてみました。 抹茶とカスタードがありましたが、カスタードシューはありきたりですから、今回は抹茶を食べてみることに。 ソフトクリームやアイスクリームなら抹茶は「当たり」ですが、シュークリームになるとどうなんだろう?と思いつつ食べてみました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅 番外編vol.1 嵐山名物「中村屋特製コロッケ」

ここからは番外編で食べ物のネタを。 まずは、嵐山に行くとなぜか食べてしまう「中村屋特製コロッケ」。 一度食べたときに美味しかったこともあり、行くたびに食べている自分がいます。 こういうところで歩きながら食べるから美味しさが増すのかもしれませんけど。 ---------- こちらにも参加中→→→→→  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.10 旅の終わりにどうでもいいような話を。

日曜の午後を天皇賞観戦で過ごした京都競馬場を後にして、京阪、近鉄と乗り継ぎ京都駅へ。 そしていつもどおりにJRの窓口で2520円の在来線の切符を、八条口でお土産をそれぞれ買い、空腹を満たしてから帰り道につくことに。 今回も新快速の乗り継ぎで帰ります。 前回のことがあったし、京都から座れるわけがないと思っていた。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.9 詩仙堂

今回の京都。 観光としては最終目的地となる詩仙堂にきました。 入り口が竹垣に藁葺きの屋根。 詩仙の間から庭園を眺めてしばらくゆったりします。 この詩仙の間には中国36詩人の肖像画が掲げられていますが、そういった方々は自分はよくわかりません。 その後は、サンダルを履いて庭に出てみることに。 歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.8 主役工事中につき……

これ、写真の下がないとわかりませんよね。 白砂を盛った向月台、波紋を表した銀沙灘があるからまだ雰囲気もありますが……。 観音殿が平成20年2月から約2年間の修復工事に入った銀閣寺(慈照寺)です。 本体と揃っていてこそ意味があることを実感させる1枚ですね。 工事があることを知っていたらパスしてましたが、知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.7 琵琶湖の朝

京都の旅はここから後半戦の2日目。 市内で宿が取れなかったこともあり、昨夜の宿泊地は大津。 滋賀県ですが京都駅からJRで2駅10分、190円なら問題ありません。 下手に京都市内に泊まるよりもいいかもしれませんね。 昨夜、ホテルに着いたのは8時30分。 夜でしたし、暑く疲れていたこととでまったく気づかなかったのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.6 大徳寺瑞法院

金閣と北大路駅とのほぼ中間にある大徳寺。 広い境内でいくつか拝観できる所がありましたが、大仙院は修復工事中&撮影禁止ということでパスして、塔頭瑞法院へ。 荒波の様子を白砂で表した庭。 上は方丈裏にある閑眠庭。 創建した大友宗麟がキリシタンだったこともあり、石で十字架を表したものといわれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.5 金閣寺(鹿苑寺)

年に2回は京都にきてますが、洛西へ来たのは久しぶり。 ということで、今更……って気もしましたが、竜安寺からきぬかけの路を歩いてド定番の観光地となっている金閣寺へ。 ご存知の人もいるでしょうが、正式には鹿苑寺。 鹿苑寺の鹿苑とは足利義満の法名だそうです。 ここの定番というと、拝観料をはらうと貰えるお札。 ある意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.4 竜安寺

15の石が並べられた石庭で知られる竜安寺。 配置の関係でこの庭の全部の石を一度に見ることはできません。 (見ようとして数えましたが、やっぱりダメでした。見る角度によって隠れる石が出てくるんです) しかし、入り口にミニチュアがあり、上から見れます。 石庭を眺めていたのが2時ごろですが、このころになると人も増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.3 仁和寺

嵐山で食事を済ませた後、本来なら渡月橋を渡ったり大覚寺などを回るのだろうが、行ったことがあるのでパス。 「駅の足湯」たるものがある嵐電嵐山から電車に乗ることに。 本来は1両なんでしょうが、今回は2両。 前後の車両が行き来できないことと、ワンマン運転ということもあり、それぞれの車両に運転手が乗ってました。 御室仁和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.2 天龍寺

京都で嵯峨野線にのりかえて嵯峨嵐山に。 ここからは「いきあたりばったり」となりそうですが、まずは駅から10分程度歩いた所にある臨済宗天龍寺派の大本山でもある世界遺産の天龍寺へ。 夢想国師が手がけた曹源池庭園を1枚。 水面に緑の木々が映ります。 白い砂とのバランスもいいですね。 大方丈から庭園を1枚。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅vol.1 混雑する新幹線

ようやくGWに入りました。 今日からは先月も行った京都へ再度の突撃。 とはいえ、今回は泊まりです。 土曜から日曜の午前中は普通の観光客。 日曜午後は京都競馬場で天皇賞観戦の予定です。 4連休の初日で混雑することは想定内でしたが、やはり新幹線のホームも車内も人だらけ。 皆様、どちらまで行かれるのでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都桜ツアーvol.7 疲労感だけの帰り道と総括を

山科まで地下鉄で出て、ようやく遅めの昼食。 そして帰り道につくことに。 山科(京都)から名古屋へ帰る手段は大きく4つあるが、今回も快速列車の乗り継ぎを選択。 しかし、甘かった。 山科で切符を買うために20分並んだうえに、乗った新快速は米原まで45分間座れずじまい。 車内は混んでいたが、これまでの経験からすると遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都桜ツアーvol.6 知恩院~円山公園 

インクラインで綺麗な桜を見た後は、今回の最後の目的地となる円山公園へ。 お花見の真っ盛り。宴会も盛り上がっているようです。 この円山公園といえば、ド真ん中に生える枝垂れ桜。 その後は知恩院へ。 前回も気になったのですが、この「バス満車」の看板。 一般車ならわかりますが、バスになると駐車場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都桜ツアーvol.5 インクラインを歩く

地下鉄蹴上の駅を出てすぐのインクライン。 ここは琵琶湖の水を京都に引くために作られた琵琶湖疏水がもとで、船が上がれない急坂を貨車で引き上げるために作られた線路の跡です。 普通の時期に行くと何もなく、ただ単にレールと台車が残っているだけ。 しかし、桜の時期は一変します。 レールと両脇の桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都桜ツアーvol.4 哲学の道から南禅寺へ

平安神宮を出た後、哲学の道の南の入り口にあたる熊野若王子神社へ向かう。 平安神宮に着いたときに気づいた大チョンボ。 去年の秋もそうだったのだが、このエリアは食事のできるところが少ないということ。 丸太町を通り過ぎたのが11時過ぎ、そこで早めの昼食を取っておけばよかった……。 どこの店も見てうんざりするような列、列、列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都桜ツアーvol.3 平安神宮

京都御苑を出て、丸太町通を東へ。 東山丸太町で右に回り、琵琶湖疏水(岡崎疎水?)の両側に並ぶ桜並木を東大路通から眺めた後、平安神宮へ。 いつもですとくるっと見て終わりなんですが、綺麗な桜が見れるということで、今回は600円を払って神苑へ。 紅枝垂れ桜。綺麗です……。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都桜ツアーvol.2 京都御苑

京都からバスではなく、地下鉄に乗り今出川へ。 駅を出て南へ行くと京都御苑。 乾御門から入ります。 ここは北側の桜が非常に綺麗。桜の周りには人も多いです。 いうことなし。写真を出せば十分でしょう。 この綺麗な桜を見ただけでも来たかいがあったと思わせます。 ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都桜ツアーvol.1 お花見してきます

今日は今月で唯一「あき」となった土曜日。 当初は青春18きっぷを金券ショップでバラ買いして彦根へ出かけようと思いましたが、店に在庫なし。 一旦は諦めましたが、やはり「遠征したい」と一度思うと回避するのは不可能。 費用は倍以上になりますが、行き先を変更してちょっと無謀な花見に行ってきます。 行先は京都ですが、滞在時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.18(終) 「門司バナナブッセ」をふたたび

番外編のお土産。 「門司港レトロ」の土産といえば、前回の小倉遠征でも書いた「門司バナナブッセ」。 海峡プラザ内の「レトロン」で売ってます。 前回の小倉遠征のときに買ったんですが、美味しかったので再び買うことに。 こういったお菓子です。定番ですね。 中のクリームが甘ったるいと嫌になるときもありますが、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.17 「バナナカステラ」

番外編のお土産。 2つ目は門司港レトロ・海峡プラザ内のレトロンで買った「バナナカステラ」。 パッケージはバナナをもじって縦長。 4個しか入っていないのに、縦が50センチくらいあります。 ちなみに中身ですが、名前そのまま。 カステラ生地の中にバナナクリームが入ってます。 ちょっと酸味が強いですが、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.16 「博多通りもん」

本編は終わりましたが、番外編として出るのがお土産。 今回は3点買いました。 まずは帰りに博多駅で買った「博多通りもん」 福岡(博多)土産といえば、辛子明太子や辛子高菜、博多ラーメンなどが定番でしょうが、お菓子の定番は「ひよこ」というイメージが抜けない自分。 しかし、博多駅ではこの「博多通りもん」のほうがたくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.15 旅の終わり

博多からこだまに乗り、小倉で一度下車。 朝、コインロッカーに預けておいた荷物を引き取り、小倉から「のぞみ44号」に乗って帰ることに。 (指定席は4号車。これで座席が4列目なら「恐るべし」と思ってましたが、ちょっと違ってました。) 九州ツアーもこれで終わりです。 「博多から直接帰ればいいじゃないか」というのはわかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.14 焼カレー

門司港レトロを歩いていてふと目にした店の文字。 「焼カレー」 初耳です。 いったい、何、それ? 焼きカレー(やきカレー)とは、ご飯の上にカレーとチーズなどをのせ、オーブンで焼いたカレーである。(Wikipediaより) 美味そうですね…… 看板を見たときに「食べたい!」と思ったのですが、そのときは小倉で空腹を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.13 唐津にて(続編)

沿岸や唐津城からは北に浮かぶ高島という小さな島が見えます。 この島には、「宝当神社」という宝くじがあたることで知られている神社がある。 宝くじも1度はでかいのをバーンと当ててみたいのだが、果たしてお馬さんには効果あるんでしょうか? ちなみに、年間20万人がこの島を訪れるとのこと。 神頼みする人も多いですね(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.12 唐津にて

「S・A・G・A、佐賀~♪」 一昔前にこんな歌、ありましたよね。 そんな佐賀県に初上陸。 朝7時30分に小倉を特急で出発し、博多でバスに乗り換えさらに80分。 今回の最終目的地となる唐津に来ました。 大手口でバスを降り、唐津神社などを歩いたのちに着いた唐津城。 (プラモデルの箱写真ではありませんが、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.11 「一蘭」でラーメンを

福岡や北九州へ来るたびに食べているのが「一蘭」のラーメン。 地元にも店はできましたし、昔は東京でも食べたのですが、やっぱり九州へ来ると食べたくなってしまいます。 一人ひとりの間仕切り。目の前も暖簾。 独特の雰囲気で、食べることのみに集中させようとしています。 こればかりは人の好みですから一概に言えませんが、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉&唐津遠征記vol.10 寝台列車「はやぶさ・富士」の併結を見る

別のところから来た2つの列車を併結して1つの列車にする。 電車なら簡単ですが、機関車で引っ張る客車となるとそうはいきません。 (先頭の機関車が邪魔ですよね) 定期的に客車の併結が見れるのは現在たった2箇所。門司と鳥栖(佐賀県)。 列車の廃止に伴い、この3月からは門司のみに。 今回の九州遠征で使うことを検討した寝台列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more