CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 社労士試験まで、あと2日

<<   作成日時 : 2006/08/25 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の社労士試験まで、あと2日になりましたね。

去年までの私もそうでしたが、この暑い夏の盛りに勉強も大変です。
当ブログの読者の方には是非受かってほしいです。
(読んでない人は、どうでもいいです(爆))

で、試験当日のこととかがいろいろ出てますが、私なりの見解を。

(どこが出るとかは書きません!)

よく、出るのが、
「選択式の答え合わせはすべきか否か?」ということ。

これについては、とても無責任ですが

「ご自由に」

としかいえません。

「手ごたえあり」の気分なのに、実際にしてみたら……ということもありますので、あまりオススメはできません。

手ごたえがあるのなら、しないほうがいいでしょう。
(ちなみに去年の私はしてません)

しかし、ものすごく不安な気持ちを持ってしまった場合、そのまま、択一を迎えることは精神衛生に悪影響を及ぼすことも考えられます。

そういうときはしたほうがいいでしょう。

そうなると、ある程度は点数という形で見えてしまいますが、各科目悪くても2点、百歩譲って1点までは救済の可能性がありますので、それは肝に銘じておきましょう。

(おととし、かの健康保険法でやってしまいましたが、ゼロ救済はまずないでしょう。そのときはさすがにヘコミました。午後からはボランティアでしたから。)

ただ、全科目答えあわせをやるヒマがあるのなら、そんなことはしないで、メシ食べて、昼寝して、択一に向けた最終確認をしたほうがマシです

答え合わせは、やっても1科目でしょう。

あと、択一についての考え方ですが、全部正解する必要はありません。
たいてい44点くらいが基準点となるので、各科目1つは捨てていい問題もあるはずです。

皆さん、これをわかってはいるんです。

しかし、そういった考えを排除してしまうのが本試験の怖さでもあります。

どっちだったか、迷ってしまう。

そういった細かいところでの悩みや、誰も見たことがないような奇問を相手にする暇があったら、絶対に取れるものを落とさないくらいのほうがいいでしょう。

奇問はみんなできません。

1問くらいできなくても、みんなが取るところを落とさなければいいのです。
それくらいの気持ちで挑んでください。

あとは、当たり前のことですが、マークシートですので解答場所を間違えないように……

-----------------------------------------
落ちたらどうしよう……とか考えるのではなくて、受かりに来たと思えばいいんです。

ちなみに、日曜日の名古屋の予想最高気温は32度。

試験当日も暑くなりそうです。
体調管理には気をつけてください。

では。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
社労士試験まで、あと2日 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる