CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS セ・リーグ順位確定 開幕前予想と比較して振り返る

<<   作成日時 : 2006/10/16 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

セ・リーグはドラゴンズが優勝して順位がすべて確定しました。

結果は上から順に

中日、阪神、ヤクルト、巨人、広島、横浜 の順

ちなみに、開幕前に予想した順位は……、

中日、阪神、ヤクルト、横浜、巨人、広島

上3つが的中とパ・リーグに比べてばはるかにマシな成績ですね。

では、各球団に関して一言づつ。

中日   落合野球の結実といっていいでしょう。
     打撃タイトルを福留とウッズで独占するとは思ってなかったですけど(^^;)

     川上を中心に夏場まで持った投手陣の成果は大きいです。
     それと開幕時の「3番井端」を早い段階で諦めたことも勝因。

     ドミンゴの故障は予期してなかったでしょうが、朝倉、佐藤充が穴を埋めて
     余りある活躍をしたことが収穫。
     (最後は佐藤充は止まってしまいましたね)

     途中で、荒木、福留の故障もありましたが、離脱期間が短かったことも大きいです。

阪神   ウィリアムス、久保田、今岡の故障離脱が大きかったですね。
     ナゴヤドームで勝てなかった(1勝10敗)ことがすべてでしょう。
     江草か杉山がローテーションに入るともっと楽になるでしょうね。

ヤクルト 最もファンが楽しみにしていた「代打オレ」も少なく、
     おまけに「ペ、アイーン、ゲッツ!」のラミレスが目立たないシーズンでしたね。
     でも、成績を見ると100打点は出してますので、これは立派です。
     先発が1枚不足してたことがこの結果になったのではないでしょうか。

巨人   4月までの快進撃で一時はどうなるかと思いましたが、結果はここ。

     故障者が重なったことが原因ともいわれてますが、それだけではないでしょう。
     先発陣は内海の一本立ちと姜の獲得は成功で、上原、パウエルを合わせて4枚いますが、問題はその後。
     シコースキーがいなくなったのがやはりマイナス。
     で、そのシコースキーに変えて取った素晴らしい外国人。
     グローバー、ディロン、アリアス……スカウトはどこを見て取っているのでしょうか?

     しかし、最後で桑田が見せたようにゴタゴタは相変わらず。
     ところで、「ニシ」ってのがいたはずでしたが、どうしたんでしょう?監督に干されたか?

広島   最も目立ったのがベースを投げる監督では……。

     黒田は1シーズンを通していいピッチングをしてましたが、その後が問題。
     大竹がまったくといっていいほど伸びませんでしたね。
     野手は前田、新井、梵がよくやったとは思いますが、その梵と新井の守備はもっと鍛えないと……

横浜   野手は村田が4番に定着し、吉村の成長もありましたが、守備はザル。
     そして、投手陣はボロボロ。先発の層が薄く、おまけにクアトロKといわれるリリーフ陣も不安定。
     チーム防御率が4点台では勝てないですね。

-----------------------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お疲れ様!最終戦!佐藤充フタ桁勝利ならず!荒木3割のせた!
とうとう今期最終戦です! 広島市民球場でカープとの最終戦 ...続きを見る
東京中日ファン〜ドラゴンズ日誌
2006/10/17 00:15
セ・リーグ順位確定 開幕前予想と比較して振り返る CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる