CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 光あれば影あり ヤマニンシュクル引退へ

<<   作成日時 : 2006/11/16 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

後味の悪さが残ったエリザベス女王杯。

そのレースではフサイチパンドラの(繰り上がり)優勝、カワカミプリンセスの降着という光と影がありましたが、もう1つの影が現れました。

カワカミプリンセスの斜行で被害馬となったヤマニンシュクル。

入線後に騎手が下馬していたようですが、レース中に脚を痛め、診断の結果、右前浅屈腱不全断裂で競走能力喪失ということが判明しました。

カワカミの斜行時に足を引っ掛けられた可能性もあるようです。

正式なことはよくわかりませんが、かつてのサイレンススズカのように普通に走っていて故障したのなら仕方ない面もありますが、斜行が原因でそうなったのならば、ヤマニンの関係者や応援した人(馬券を買った人)にとっては非常につらい結末ですね。

この馬、馬券ではいい思い出がないんですけどね……。

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
光あれば影あり ヤマニンシュクル引退へ CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる