CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS FAの補償、クライマックスシリーズはこれでいいのか?

<<   作成日時 : 2006/12/04 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、ひげをそり落とした小笠原の巨人入団会見がありました。

FAによるものですし、メジャー、移籍、残留、それは選手の権利です。
これについては、とやかく言うつもりはありません。

しかし、その補償は?というとお粗末ではないでしょうか。

FAで移籍する場合の移籍元球団への補償は

@ 年俸の1.5倍の補償金

A 年俸の1倍の補償金+選手1名(プロテクト28名除く)

のどっちかです。

昨年、野口(中日→巨人)のFA補償で選手の補償となり、中日入りした小田。
1年間一軍でスーパーサブとして貴重な存在となりましたが、そういったケースは稀。
実質2軍選手を1人ということですから、戦力補償には全くといっていいほどなりません。

これで、戦力均衡といえるのでしょうか?

バランスを取るにはどうするか?

意外に簡単ではないでしょうか。

即戦力を他球団からもらうわけですから、その逆として、「翌年のドラフトの一巡目の指名権を渡す」

これで移籍元球団は即戦力選手の補強をすすめることができます。

これくらいしないと、特定球団に新人、ベテラン含めて有力選手が集まってしまう弊害を省くことができないのではないでしょうか?
---------------------------------------
「クライマックスシリーズ」なんていう、ヘンテコな制度も出来ました。
言い方は失礼ですが、3位なら勝率5割以下でも出れるんですよね。

レギュラーシーズンを無視した結果をもたらすのはどうでしょう?

・勝率5割以下なら出場できない。
・ゲーム差が7ゲームあったらその間の対戦は実施しない
 (1位と2位の差が7ゲームあったらシリーズはなし)
・上位チームにアドバンテージ(地元での全試合開催権+1勝)を与える


くらいしないと、レギュラーシーズンの価値が薄れてしまいますが、皆様はどうお考えでしょう?

こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

魂(ガッツ)のフルスイング―泥臭く、ひたすら振りぬく!
魂のフルスイング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
FAの補償、クライマックスシリーズはこれでいいのか? CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる