CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「風の歌」はもう聞けず。ソングオブウインド引退と、2月4日の競馬番組変更。

<<   作成日時 : 2007/01/14 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
昨年の菊花賞馬ソングオブウインドの引退、社台SSでの種牡馬入り
が決まりました。

結局、豪快に追い込んだ菊花賞が最初で最後の晴れ姿。

ラジオNIKKEI賞2着と中距離の適正もあるのでしょうが、菊花賞勝ちがどうしても強く出てしまいます。

果たして、この馬の種馬としての将来はどうなんでしょうか?
(写真は、昨年の神戸新聞杯時のソングオブウインド)

一方、2回京都4日目(2月4日)で番組の変更が発表されています。
4R(3歳未勝利、ダート1400m、混合、馬齢)を取りやめ。
5R、6R、10R(許波多特別)を1レースずつ前に。
9Rの寒梅賞を6Rに移設して平場戦に変更。
10Rに羅生門S(1600万、ダート1400m、混合、定量)を新設

勝ち抜け制の採用で、1600万下が飽和することが予想されていましたが、特にダートの短距離は著しいですね。

門松S、ジャニュアリーSの「除外馬がそれぞれ30頭」ずつ、あわせて60頭。

レースの勝ち負けよりも「出走第一」となってます。

次開催を見ると、1日目に橿原Sがあるだけですし、飽和状態を解消しようということでしょうが、1000万下のダート短距離のレース数を考えれば、これは読めたんではないでしょうか。

考えて番組を作りなさい。JRAも。
-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ソング引退なんですか、残念ですね。
手薄になった古馬陣がまたまた寂しくなっちゃいますよね。
そうすると、香港の馬場がよっぽどきつかったんですね。
走るのやめちゃった馬も居たぐらいだったんだけれど・・・・。
フセイン八木
2007/01/14 18:32
フセイン八木さん、こんばんは。
屈腱炎を発症したときに、ある程度はこうなるだろうな……とは思ってましたが、引退の運びとなりましたね。
>手薄になった古馬陣がまたまた寂しくなっちゃいますよね
そうですね。
だからこそ、逆に新しい馬にも期待したいのですが。
CW
2007/01/14 23:25
「風の歌」はもう聞けず。ソングオブウインド引退と、2月4日の競馬番組変更。 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる