CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年を振り返って〜競馬編その2

<<   作成日時 : 2007/12/30 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もあと25時間ちょっとで終わります。

そこで今年の競馬回顧の2回目を。

回収率などの個人的な馬券成績は以前こちらで書きましたので、今日はその他を。

1.競馬場でのライブ観戦。

今年は昨年に比べて減っています。
遠征先と回数は以下のとおり。
中京 5回
(中京記念、東海S、中日新聞杯、愛知杯)

京都 3回
(きさらぎ賞、天皇賞春、京阪杯)

阪神 1回
(ローズS)

公営名古屋 1回
(名古屋グランプリ)

/計10回

ただ、去年は中京が1開催多かったので、例年通りに戻ったと受け取っていいでしょう。

とりあえずの目標としていたG1の現地観戦は達成。

しかし、現時点では永遠の目標となっている函館競馬参戦は今年もできず、JRA全競馬場制覇は持ち越し。

来年もこれくらいの回数はライブで見たいですね。

2.重賞予想の的中率と予想

HPでは印別にも成績を掲載していますが、重賞(JRAのみ)では110戦27勝(的中率24.5%)と目標の30勝、的中率30%には届かず。

来年はこれが目標です。

会心の予想といえば、馬連万馬券的中のステイヤーズS。(記事はこちら

馬券は外しましたが、皐月賞でヴィクトリーに◎をつけれたことも思い出です。(記事はこちら

予想は印だけではなく、文面なども見出しをつけるようにしてますが、今年はなかなかいい文面が思い浮かばず、ただ単に書いてただけ、といった印象しか残ってません。

来年はいいタイトルをつけ、当たる予想を書きたいですね。
(これができれば苦労はしないが……)

3.レースと馬
今年といえば、馬インフルエンザ。
年末年始以外で競馬のない週末なんて考えられませんでした。

平穏無事に競馬が開催されることのありがたさを知った年でしたね。

馬はディープインパクトの引退でスター不在、混戦の年になると見てましたが、その象徴が3歳牝馬の活躍。

例年行う年頭ダービー馬予想。
今年はまるで明後日でしたが、誰も正月にウオッカがダービーを獲るなんて考えないでしょ、普通は。

ただ、去年に比べて印象に残ったレースが少なかった年だった気がします。
全体的に逃げ馬が残る競馬が多かったですよね。
スプリンターズS、女王杯、JC、有馬……特に秋のG1戦線がそう思わせるのかもしれません。

4.最後に

今年の競馬記事はここが最後。

この1年間、多くの皆様からTB、コメントをいただき、ありがとうございまいた。
来年もよろしくお願いいたします。


(といっても、明日は競馬以外の今年の回顧を書く予定ですから、完全な終わりではないんですけどね(笑))

追記 2007年予想印結果(GTのみ)
左から、レース名、3着までの予想印結果、◎馬馬名と着順
フェブ ○注▲ メイショウトウコン 11着
高松宮 −−◎ プリサイスマシーン 3着
桜花賞 ▲◎− ウオッカ      2着
中山GJ ▲△◎ メルシーエイタイム 3着
皐月賞 ◎−− ヴィクトリー    1着
天皇春 −−○ デルタブルース   12着
NHK −−− トーホウレーサー  5着
ヴィM −−− カワカミプリンセス 10着
オーク ×◎▲ ベッラレイア    2着
ダービ −−− フサイチホウオー  7着
安田記 ×◎− コンゴウリキシオー 2着
宝塚記 −◎− メイショウサムソン 2着

スプリ −▲− スズカフェニックス 9着
秋華賞 ◎−− ダイワスカーレット 1着
菊花賞 △−○ ドリームジャーニー 5着
天皇秋 ◎−− メイショウサムソン 1着
女王杯 ○◎▲ フサイチパンドラ  2着
マイル ▲−− アグネスアーク   4着
JCD ◎×− ヴァーミリアン   1着
ジャC ×○◎ メイショウサムソン 3着
阪JF −−− アロマキャンドル  13着
朝日杯 ×−◎ キャプテントゥーレ 3着
中山大 ◎−○ メルシーエイタイム 1着
有馬記 −△− メイショウサムソン 8着
(去年以上に酷いな……汗)

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
今年を振り返って〜競馬編その2 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる